顔が大きく見えてしまうというのは、むくみが原因かもしれません。 むくんでいると、本来の大きさよりも顔が大きく見えてしまいますよね。 つまり、むくみ(細胞間質液と血液の圧力バランスが崩れることが原因で、細胞組織に水分が溜まってしまうのです。内臓疾患の症状として現れることもあるでしょう)をなんとかすれば、今よりも小顔になれるわけです。 むくみを改善する方法といえば、何といってもマッサージと言われているようです。 マッサージでリンパの流れを良くしたり、筋肉のこりをほぐせば、スッキリとした小顔になれます。 むくみを解消できるだけでなく、シワやたるみ、シミ、ニキビ(成人していると、ニキビではなく吹き出物と表現することが多いでしょう)などが出来づらくなる効果も期待できますから、ぜひ習慣にしたいですね。 ただ、顔のマッサージをする際には、次の3つのことに気をつけてください。 ・顔の前に首のマッサージ(服の上から行うこともありますが、一般的には肌に直接触れて撫でたりさすったりして、血行やリンパの流れを改善します)をする ・マッサージ(スポーツや運動の前後には、筋肉の緊張や疲れを解す目的で行われます)クリームを使う ・正しい手順、力加減で行う 取り合えず、首のマッサージ(厚生労働省の定義では、「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」なんだそうです)を行って、リンパの流れを良くしてください。 首のリンパの流れが良くなると老廃物が体の外に排出されやすくなるので、顔のマッサージの効果がアップします。 それに、マッサージをする時は、肌を傷付けないようにマッサージ(筋肉のコリがほぐれたり、ぐっすり眠れたりしますね)クリームを使用してください。 間違った方法でマッサージをすると効果がえられないばかりか、肌がたるんでしまったり、肌トラブルの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)にもなりかねませんから、自己流ではなく正しい手順でする場合が大切です。 全体的に力を入れ過ぎないこともポイントになりますが、特に目の周辺は皮膚が薄くとてもデリケートなので、優しくマッサージするようにしてくださいー